2016/10/21

ネイティブの英語が聞き取れるようになるすごいリスニングアプリ

 

どうもTSUBASAです。

さて今回は、スマホで歩きながらリスニングするのに便利なアプリについて。

僕は、参考書や教材に付いているCDなどをパソコンにインストールしてますが、近年はYoutubeの動画とTEDを専用のアプリに入れて持ち歩いています。と言うより、もはやパソコンにインストールなんて面倒なことはしてません。笑

色々試したものの中より、リスニングに使えるアプリをご紹介します。

1. リスニングドリル(TED専用)

listeninig-application-1

リスニングドリルは、TEDのプレゼンテーションをテキスト付きでダウンロードできるアプリケーションです。

TED(テド、英: Technology Entertainment Design)とは、カナダのバンクーバー(過去には米カリフォルニア州ロングビーチ、モントレー)で、毎年大規模な世界的講演会を主催している非営利団体のこと。 TEDが主催している講演会の名称をTED Conference(テド・カンファレンス)と言い、学術・エンターテイメント・デザインなど様々な分野の人物がプレゼンテーションを行なう。講演会は1984年に極々身内のサロン的集まりとして始まったが、2006年から講演会の内容をインターネット上で無料で動画配信するようになり、それを契機にその名が広く知られるようになった。 (Wikipediaより引用)

TED Conferenceの講演会は、プレゼンテーションを学ぶ以外に英語の学習にも最適です。

こちらのアプリには初めから、” Steve Jobsのスタンフォード大学での講演 ” がインストールされています。

リスニングドリルの使い方についてはこの記事を読んでみてください。

このアプリの良いところ

1. 音声速度を調整することができる

僕は聞き流す時だけ、あえて速度を少し早めにしています。早口に慣れると、通常の速度がすごーくゆっくりに聞こえます。それを何度も繰り返していくうちに、英語耳になっていきます。

また、シャドーイングやオーバーラッピングをする時は通常の速度にしています。ネイティブの速度・リズムで話せるようになる為です。聞き取れない部分や、もともと早口の人を聞いてる時は速度を結構落としてます。

このように、速度調整って結構使える機能なんですよね。

2. 字幕表示ができる

字幕は音声速度に合わせてスクロールされます。また、話すリズムに合わせて小刻みに字幕が流れて、まるで映画を見ているような感覚になります。

そして字幕の表記ですが、「英語」「日本語」「両方」にすることができます。また、英語や日本語以外に他の言語も対応しています。

さらに、両方字幕が出るようにした状態で、片方を隠すといったクイズ形式のような設定も可能です。

じゃあ何から見よう?

どのようなプレゼンテーションを聞いたら良いかわからない場合、初心者向けやオススメサイトから見つけるといいです。

でも、好きなジャンルや仕事に関わるものなど、興味のあるスピーチを自分で探す方が良いと思います。

 

そして色んなTEDのスピーチを見ていると感じます。

ネイティブの会話スピードはとんでもなく早いということです。

 

速度を変更しなくても、めちゃくちゃ早口な人も結構いるんです。

1.5倍や2倍速にすると、もはや宇宙人です。プレゼンテーションなんだから、聞き手考えろよ!って思います。

 

でもほとんどは、盛り上っていくと会話に弾みが出たり、ちょいちょいジョークを挟んだりもするんです。

会場の人たちの顔を伺いながら話しかけているので、自分も会場にいるような感覚になります。

長く聴き続けて内容を理解すると、どんどん面白くなって行きますよ!



映画などを見て学習したい場合、PCからFTPまたはiTunesで共有が可能ですが、結構手間なのでTED用として使用した方が良いと思います。

リスニングドリルをダウンロード

2. Zvideos (Youtubeや他動画向け)

listeninig-application-2

これはYoutubeなどの動画サイトから、好きな動画をダウンロードできるアプリです。

僕はこのアプリで、TEDTalksの講演や発音練習用の動画をダウンロードしています。

 

TEDTalksは、ネットを通じて行なわれている動画の無料配信プロジェクトのこと。TEDTalksは2006年にスタートし[4]、TEDの名を広い範囲の人々に知らしめる役を果たしている[5]。TEDTalksでは、TEDカンファレンス、TEDグローバル、TEDプライズ、TEDxの講演の中から、キュレーションされた動画を公開しており、2015年6月時点で2000本を超える動画が公開されている[6]。配信はTEDのホームページ http://www.ted.com 、およびYouTube上の公式チャネル http://www.youtube.com/TEDtalksDirector の両者を通じて並行して行なわれている。 (Wikipediaより引用)

 

そもそも、リスニングドリルでTEDTalksの動画を見たかったのですが、その動画がダウンロードできなかったことからこのアプリを使い始めました。

 

このアプリの良いところ

Youtubeなどの動画をダウンロードできる

How to learn any language in six months | Chris Lonsdale

” 6か月でどんな言語も習得する方法 “というタイトルの動画ですが、何度も繰り返し聞いていくうちに、自分の学習方法が大きく変わりました。

そしてこの動画をいつでも聞けるようにしたかったので、オフラインでも使える、ダウンロードできるアプリをずっと探していました。

 

iPhoneがスリープ状態でも起動します

他にも動画をダウンロードできるアプリはたくさんあります。

でもこれまで出会ったものは、iPhoneをスリープ状態にするとアプリが切断されてしまい、常に画面が点いた状態で使用しなければいけませんでした。

 

そんな状態でポケットに入れて歩いていると、勝手に他のアプリが起動したり、誰かに電話かけてしまったり。

たまにありませんか?

プルルル… 「はい、もしもし?」 ガサガサガサガサ…

 

スリープ状態でも起動してくれるので、めっちゃ助かってます。

 

1つ問題が・・・

付属の純正イヤフォンについてですが、

 

再生・停止ボタンを押しても ビクともしません。

でもなぜか 音量は調整できます。(わけわからん)

 

なので、動画を再生・停止する場合は、画面をタップしてください。

 

また広告が多いので、広告がうっとおしくてイライラする方にはお勧めしません。

僕自身は広告があっても気にしてません。無料だから仕方ないっか!って。

 

Zvideos

Zvideosをダウンロードする

 

 

2つしかないけどまとめ!

5つも6つも動画アプリを持っていると管理が大変です。

しかもオンラインじゃないと起動しないとか、結構大事なところが対応してないというアプリが多い!

 

双方を兼ね備えたアプリが出てきたら、即乗り換えそうです。

※ダウンロードしたファイルを他人に販売することは著作権に違反しますので絶対にやめましょうね。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です