30代で英語を始めて5年。過去の振り返りと、今をリアルに語ってみる

 

こんにちは。TSUBASA(eigoenglish11)です

 

ぼくは30代から、英語の勉強を始めました

本格的に始めたのは32歳の時で、当時は目新しく、メデイアから大注目されていた、DMM英会話で火がつきました

平日は朝5時に起き、まずはジムで汗をかいて、終わったら英会話、そしてそのまま出勤

夜は英会話の予習と復習、そしてアプリを使って勉強

我ながらよくやったなぁと、感心しています

あれから5年

現在はその時と同じルーティンを続けていません

正直言って、朝活なんてたまにやれば良い方で、そんな余裕なんてないのです

ここでは、30代で英語の勉強を始め、これまでにどのような変化があったか、リアルなお話をしたいと思います

 

体力が持たなくなる

個人差はあるかもしれませんが、僕の場合、30代になってから一気に体力が落ちました

だからこそ、ジムに通ったり、小まめに運動をしたりして、体力を維持していたんですけど、35歳ぐらいからですかね、早起きして運動する、という意識が薄れました

なぜなら、運動するよりもっと大切なことは、「睡眠」だから

寝る時間を確保する方が、よっぽど大事なんです

ジムに通っていた時は、どんだけ睡眠時間が短くても、2日酔いの状態でも行ってました

毎月1万円払っていたので、その分通って取り返さなきゃ損だと、自分に言い聞かせてましたし

しかし夏はほんとキツかったですね

ジムに行くまでに汗かくし、定休日だということを忘れ、店の前で定休日の張り紙を見た時には、「げっ!やっちゃった・・」と、何度も失敗しました

あの時のやる気、そして気力なんて今はもう、微塵もないです

仕事の帰りが遅ければ遅いほど、1分でも多く寝たい!という気持ちが優ってます

三大欲求の中で1番大事なのが「睡眠欲」と言われるぐらいですからね、眠気がMAXの時は、他のことなんて何も考えられません

休みの日は必ず昼寝するようになったし、寝たいという気持ちは年々強くなってますねー

 

SPONSORED LINK

モチベーションを維持できない

寝たい、休みたいという意識が強くなると、モチベーションを維持することが難しくなります

ジムに通い、英会話をしていた頃は、今より2時間以上早起きしていました

ぼくは朝が弱いので、寝起きは毎回ゾンビ

だからそんじょそこらのやる気では、続かないレベルだったなぁと感じます

実際に今、2時間も早起きしたら、深夜まで起きているのはかなりキツい

この歳になると、普通に夜更かしするだけでも結構しんどいので、早起きするなら早寝も必須です

朝活のモチベーションを維持するには、良い睡眠をとって、ストイックであること。ですかね

あとは、そうですねぇ、同じように頑張ってる仲間を見つけることでしょうか

ずっと1人はキツいですから、競争できる、刺激になる人が近くにいると全然違います

ちなみに歳を取れば取るほど、そういった意識高い系が周りから消えていきますから、早めに、若いうちに見つけることを勧めます

気付けばあっという間にみんなおっさんですから

身の回りに「やる気のある人材」を確保するのも、どんどん難しくなっていくのです

 

SPONSORED LINK

職場環境に左右される

5年前と今の職場環境は、全く違います

別に転職した訳ではありませんが、責任も重大に、忙しくなったことに間違いありません

すると今度は、仕事に対してストレスを抱えるようになります

それは人間関係や、会社に対するもので、その問題が深ければ深いほど、解決することが難しくなります

また、今現在の最大の問題は「人手不足」です

職場だけに留まらず、取引先などの関連会社、全てにおいて大きな問題となっています

人が足りないということは、1人あたりに対する仕事の負荷が大きくなるということ

自分のやりたいように仕事をしたくても、そう思うようにはいかなくて、身の回り全ての歯車が、徐々に噛み合わなくなっていくんです

で、1つの仕事に対する負荷が大きくなると、体の負担も大きくなります

つまり、結果として「身も心も疲弊する」んです

だからね、ぼくが考える今の30代は、頑張り過ぎないということがすっごい大事で

そうでもしないと帰って寝るだけの、単なる仕事漬けの人間になっちゃいますから

帰りの電車で寝てる人を見る度、「しんどそうだな」とか、「可哀想だな」って思います

反対に余裕がある人は、本を読んだり、何か書いたり、勉強や調べものをしてます

だから少し気を抜いて、体力を温存しとかないと「ダメ」なんです

 

時間を確保することが難しくなる

当然っちゃ当然ですが、何かがきっかけで人と知り合いますよね

仕事はもちろん、身内や友人、また飲み屋など、適度にアクティブに動いていれば、人里離れた山奥でもない限り、ニュートラルに人と出会います

そんな新たな出会いもあれば、長く付き合っている人もいます

中学・高校時代、大学時代、バイト仲間、前の職場、などなど、古くからの友人達

それらを全部ひっくるめると、とんでもない数になりますから、全ての人と関わり続けるなんて無理な話なんです

あっちもこっちも顔出してたら、自分の時間なんてあっという間になくなります

そのため、時には断らなければいけません

時間が空いた時に、誰かと会って遊びたい気持ちは山々ですけど、家のこともあるし、好きなように予定を入れるのは難しくて

誘惑に負けず、お誘いを阻止しないと、あっという間に自分の時間なんて無くなりますね

 

勉強の仕方が変わる

30代の問題点
  • 体力的な問題
  • 気力の問題
  • 職場の問題
  • 時間の問題

このように、30代後半ともなると、あらゆる問題が関わってきます

ひとつひとつは大したことじゃないんですけど、こう積み重なることで、勉強すること自体が困難に

だから昔みたいに、毎日何時間も費やすスタイルは合わない

マジで続かないんです

で、今ぼくの勉強の仕方はこう

  • 外国人の友達とLINEしたり、HelloTalkでチャットする
  • 英語関連のサイト、ブログを読む
  • Duolingoなどの英語アプリで学習する

これらが日課なんですけど、1日あたり、1時間とかかりません

勉強時間としては短いかもしれませんが、でも、こんなもんでいいんです

勉強と言うより、英語を忘れないようにしている、という方が正しいかもしれません

それに、これ以上はできないって、自分のキャパが言ってます

 

ぼくが英語を話せるようになったのはDMM英会話

今の自分が、こうして自然に英語に触れていることを、5年前の自分は想像していませんでした

でもそれは、その時の自分が、ひょんなことからDMM英会話を始めたおかげ

良い先生に出会えたおかげ

がんばったおかげです

英語に対する抵抗力が無くなったのも、英語に触れる、英会話をする機会を重ねたことが大きい

だからこそ、いきなり英会話を始めて正解だったと思います

初心者でも気軽に始められて、楽しく英会話ができる

DMM英会話はそんなところでした

英会話

 

結論

30代から英語を始め、数年は没頭できましたが、次第に環境は変わっていき、今現在、1日に費やす時間も、気持ちに余裕も無くなってしまいました

でもこれが現実です

多分、多くの人が直面する問題だと思います

だからね、英語をやめちゃう人、すごく多いと思うんです

結婚して家庭を持つと、自分の時間は無くなりますし、歳と共に身の回りの環境は、目まぐるしく変わっていきます

昔と同じようにすることが、本当に困難なんです

だからと言って、中途半端に勉強するのは良く無いですから、はじめのうちは計画を立て、みっちり打ち込んだ方がいいと思います

個人差はあるけど、誰だってがんばればできる

まずは次のステップに到達するまで、やり切ることが大切だと思います

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です