2017/06/26

ハロウィンを英語で学ぼう!使える英単語・フレーズ集【保存版】

 

10月31日はハロウィン(Halloween)の日。

あちこちで仮装イベントが行われるようになり、年々賑やかになっていますね。

もうクリスマスを超えてるんじゃない?なんて思います。

 

今回はハロウィンの日に使えるフレーズをまとめてみました。

親子で英会話、友達へのメッセージなど様々な場面で使ってみてください。

▼発音がわからない時はこの設定をするといいよ!macの設定で選択部分を読み上げるようにする方法!

 

まずはハロウィンの意味について

halloween-1

What is Halloween? ハロウィンって何?

Halloween is a holiday celebrated on the night of October 31, usually by children dressing in costumes and going door-to-door collecting candy.

ハロウィーンは10月31日の夜を祝う休日で、子供たちが仮装しキャンディーを集めに家を回ることを言います。

Most other Western countries have embraced Halloween as a part of American pop culture in the late 20th century.

ほとんどの欧米諸国では、20世紀後半のアメリカのポップカルチャーの一部として受け入れられています。

引用元:About Halloween

欧米では既に有名なイベントの一つとなっています。

日本もここ数年で一気に広まりました。

ハロウィンもクリスマスも本来は歴史ある行事ですが、日本ではお祭りイベントとして定着しつつありますね。

OLの鈴木さん
若者が恐いわ・・

halloween-2

What is the origin of the name “Halloween?”  名前の由来は?

It comes from the word “hallow,” which means to respect or honor greatly. On this day, many people honor their dead and the saints.

「hallow」という言葉から来ていて、尊重すること、あるいは大いに尊敬するという意味。この日はたくさんの人々が死者や聖人を敬います。

What are the typical activities during this time of the year?  代表的な活動は?

Going to costume parties and trick-or-treating, which allows people to disguise themselves as various creatures, play mischievous pranks, fortune telling, watching horror movies, and so on. 

仮装パーティーに行ったり、トリック・オア・トリートをやったり、誰でもさまざまな生き物に変装することができます。あとは悪ふざけをして遊んだり、占いをしたり、ホラー映画を観たりなど、いろいろあります。

引用元:DMM英会話中級コース「ハロウィンの起源って何?」より

ハロウィンは子供のためのイベントとして行われていますが、最近ではコスプレをして街を歩く「パレード」の方が盛り上がってきているようです。

パレードでは市販のハロウィングッズでは物足りないのか、凝った衣装を自作してくる人も多く見受けられます。

東京大阪京都など都心部では様々なイベントも行われ、年々参加者も増えてクリスマスを超す勢いです。

 

SPONSORED LINK

ハロウィンで使われる単語

halloween-3

  • Halloween:ハロウィン
  • Jack-o’-Lantern:かぼちゃ頭の男
  • Ghost:おばけ
  • Black Cat:黒猫
  • Skull:ガイコツ
  • Witch:魔女
  • Wizard:魔法使い(男)
  • Dracula:ドラキュラ
  • Zombie:ゾンビ
  • Mummy:ミイラ、包帯が巻かれた男
  • Goblin:ゴブリン、いたずらをする小さな鬼
  • Monster:怪物
  • Bat:コウモリ
  • Vampire:バンパイア、吸血鬼は今でもいるみたいです。
  • Bloom:ほうき、魔女が乗ります。
  • Haunted House:おばけやしき、ディズニーランドはHaunted Mansion。
  • Witch’s Brew:魔女の醸造物、魔女が作る薬、調合物のこと。
  • Costume:衣装

ジャクソン君
I’ll be a Ghost!(僕はおばけになるよ!)
ジャクソンママ
Wow, Okay I’ll dress as a witch! (まぁ、じゃあ私は魔女の格好をするわ!)

親子でこんな会話をしたら楽しいですね。子供に何を着せるか迷っているなら、この記事でいろんなコスチュームを紹介していますよ。

“今年(2016年)はポケモンと妖怪ウォッチのコスプレが大人気よ。しかも子供だけではなく大人サイズも。女性はBlack catやNurseが定番ね。私はBlack catにするつもりよ!

アメリカで日本のコスプレなどをネット販売しているアメリカ人女性より。

SPONSORED LINK

定番のフレーズ

halloween-4

“Boo!”

「わぁ!ばぁ!」

驚かせる時に発する言葉です。

ハロウィングッズにもよく描かれています。

“Trick Or Treat!”

「お菓子をくれないといたずらするぞ!」

子供達が仮装して家を回ります。家主に向かってこのセリフを言うのです。

本来は悪霊のセリフで「私たちをもてなすか、それともお前たちを困惑させるか」という意味のようです。

“Happy Halloween!”

「ハロウィンを楽しんで!」

ハロウィンといえばこのセリフ。

子供達に「Trick or Treat!」と言われたら「Happy Halloween!」と返しましょう。

 “Trick or treat, smell my feet” ハロウィンの歌

“Trick or treat! Smell my feet! Give me something good to eat!”

「もてなさなければ悪いことするぞ!僕の足を匂うか食べ物をよこしな!」

“If you don’t, I don’t care, I’ll pull down your underwear! HAHAHA-“

もし貰えなくても別にいいさ、君のパンツを下ろしてやるぜ!ハハハ!」

ハロティンの日に子供たちが歌っています。めっちゃかわいい!!

“Happy Halloween”以外の表現

halloween-5

“Have a spook Halloween!”

「おばけのハロウィンを!」

「spook」はおばけのことです。

“Have a spook-tacular Halloween!”

「華やかなハロウィンを!」

「spook-tacular」は「spectacular(華やかな)」をもじった単語です。

“Have a frightfully spooky Halloween!”

「めっちゃ怖いハロウィンを!」

“Have a fang-tactic night!”

「最高の夜を! 」

「fang-tactic」は「fantastic(最高の)」をもじった単語です。

“Have a bootiful (beautiful) Halloween!”

「素敵なハロウィンを!」

「boo-tiful」は「beautiful(素敵な)」をもじった単語です。

“Happy haunting!”

「おばけを楽しんで!」

メーセージ・ハロウィンカードに使えるフレーズ

“Eat, drink and be scary (merry)!”

「食べて飲んで楽しもう!」

“Eat, drink and be merry.”をもじった言葉です。

“Halloween is real treat.”

「ハロウィンは本当の楽しみ」

ハロウィンの日がなぜ楽しみなのかわかりますか?

かぼちゃのアートやお菓子、ハロウィンの歌、そしてみんなで仮装パーティをするからですよ。

“All dressed up!” “Dress up for Halloween!”

「めっちゃオシャレ(仮装)してね!」「ハロウィンのコスプレよ!」

幼稚園や小学校の先生はこう言うんでしょうね。めっちゃ楽しそう!

“On Halloween night I will giggle with fright.”

「ハロウィンの夜は恐怖と共に笑うだろう」

ハロウィンの日は怖い映画を見たりお化け屋敷へ行ったりするようです。そのあとに笑えるのかな。

“Let’s dance by the light of the moon!”

「月明かりのもとで踊ろう!」

ワンピースの宴のシーンみたいなセリフ。”Eat, drink, and be scary” と合わせてメッセージを送ってもいいかも。

“I love you more than candy corns.”

「とうもろこしのキャンディーよりあなたを愛してるわ」

この日ママは子供のことがめっちゃ可愛いんでしょうね。

“Daddy’s little pumpkin.”

「パパの小さなパンプキンちゃん」

赤ちゃんにかぼちゃの着ぐるみ着せたいですね。

“Mummy’s Little Devil.”

「ミイラ(ママ)の小さな小悪魔ちゃん」

“Mummy”と”Mommy”をもじった言葉です。

“Mummy loves you.”

「ミイラ(ママ) はあなたを愛してます」

これも同様。ママからのお手紙やメッセージに最適。

“You are so sweet!”

「なんて可愛らしいの!」

親バカです。

“You are bootiful! “

「可愛いね!」

“bootiful”は”beautiful”をもじった単語です。

場面で使えるフレーズ

halloween-6

メッセージカードに書いたり会話の中で使えるフレーズです。

“Beware! Keep Out! Danger! Caution!”

「気をつけて!立ち入り禁止!危険!危ない!」

“Beware of vampires!” “Keep out! Zombies are coming!!” など、ジョークとして使われます。

“Free broom rides.”

ホウキ乗り放題

実際にこんな日があったら嬉しいですね。

魔女の宅急便のキキのように飛べたらいいのに。

“I’ll be back Witching hour.”

「夜中に戻るよ」

“Witching hour”は”Midnight”のことです。

子供がこんなセリフ言ったら問題ですけど。

“Let’s get spooky!”

「驚かそうぜ!」

自慢のコスプレでパパやママたちをビックリさせようぜ!

小声でコソコソ言ってる姿を想像しただけで可愛らしい・・

“Yes, I can drive a stick. Why do you ask?”

「ええ、ホウキに乗れるわよ。どうして?」

ちょっとおませな女の子に似合うセリフですね。

「乗れますけどなにか?」

“Got candy? Got ghost?”

「キャンディーもらった? おばけは?」

僕はたくさんもらったけど君はどう?

“It definitely send silvers down my spine.”

「間違いなくゾクゾクさせられるわ・・」

怖い映画を見てると映像より音でびっくりします。あまり好きじゃない・・

“That gives me the creeps!”

「あれはゾッとするよ!」

そんな映画見たくもありません!

“Let’s take a coffin break!”

「棺で(コーヒー)休憩をしよう!」

“coffin”は”coffee”をもじった単語です。

“Boo is special?”

「オススメは誰?」

“Boo”は”Who”をもじった単語です。

“I bet you would like it!”

「きっと気に入るわ!」

ハロウィンの衣装を友達と見に行ってオススメしましょう。

“Gimme (give me) all your candy!”

「キャンディーおくれ!」

あげたい!!

ハロウィンまとめ

halloween-7

ハロウィンにまつわる英語、いかがでしたでしょうか?

そうそう、何年か前に下北沢のハロウィンイベントに行ったことがあるんです。

あぁ、若いな〜!なんて思っていましたが、今はもう普通なんですよね。

 

なんだか気づいたらイベントばかり。

クリスマス、ハロウィン、ホワ・・・

 

そうそう、

 

是非ともこの流れで、

ホワイトデーという意味の分からないやつを消し去って欲しいものです。

TSUBASA
ホワイトデー撲滅・・
OLの鈴木さん
させん!!!!
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です