2018/06/06

サヴィニャック展「パリにかけたポスターの魔法」が東京練馬区で開催

 

こんにちは。TSUBASA (eigoenglish11)です

 

レイモン・サヴィニャック(Raymond Savignac) という人をご存知ですか?

ペリエ、ダンロップ、ルノーなどのポスターを手がけてきた、フランス、パリ出身の有名なポスター画家

その彼の作品が、練馬区立美術館にて展示されているので、ちょっくら行って参りました

 

展覧会の詳細は以下の通り

日程:2018/2/22(木) – 4/15(日)

開館時間:10:00 – 18:00 ※月曜休館

観覧料:一般800円、高・大学生及び65〜74歳600円、中学生以下及び75歳以上無料

場所:練馬区立美術館(Google map)

鉄道:西武池袋線(東京メトロ有楽町線・副都心線直通)「中村橋」駅より徒歩3分

バス:関東バス「中村橋駅」停留所より徒歩5分

阿佐ヶ谷駅北口 – 中村橋駅【阿01】系統終点

荻窪駅北口 – 中村橋駅【荻06】系統終点

荻窪駅北口 – 練馬ええき【荻07】系統「中村橋駅」下車

 

レイモン・サヴィニャックとは

フランスを代表するポスター作家のレイモン・サヴィニャック(Raymond Savignac)

彼の絵画は、はっきりとした色彩、かわいらしさ、そしてユーモアのあるデザインが特徴的です

彼の最初の成功は、1949年にポスター作家のベルナール・ヴィルモと開催した2人展で、「牛乳石鹸モンサヴォン」の原画となる作品を発表したことに始まります

この時すでに40歳をすぎており、決して早い成功とは言えませんが、この後1950年代〜60年代にかけて、ペリエ、ルノー、ダンロップ、ミシュランなど、フランスの錚々たる広告主を獲得し、彼の代表作となるポスターが次々に生まれました

日本でも森永、サントリー、そして練馬区にある「としまえん」などのポスターも手がけており、それらは今回の展覧会に展示されています

作品数はなんと200点以上、これまで国内で行った展覧会で最大級の規模となっています

– 一部チラシより引用

 

SPONSORED LINK

会場はこんな感じ

会場の入り口は、「ドップ:清潔な子どもの日」で象られていました

ぼくがカメラを向けると、中にいた人が全員こっちを見るという奇跡

特に目立つことしていないんですけどね・・・

中にある作品をたくさん撮りたかったのですが、残念ながら撮影禁止

ということで、会場外にあるものを撮ってきました

 

こちらは「RESISTEX」を元にした顔出しパネル

大人も子供もみんな撮ってましたね

来場客にはフランス人もいて、彼らもノリノリで撮ってました

 

で、先ほどのドップの入り口は1階にあるんですけど、実はこの展覧会、2階もあって

階段の側の壁に、この大きなポスターがかけられていました

また登る途中にも作品がいくつかあったのですが、やっぱり撮影禁止でした

同じく、2階のスペースにも多数展示されていたのですが、最後はサヴィニャックの生前の映像が流されていて

一つの作品に対し、デッサンを何十枚も描くのですが、作品自体を描くときはとても大胆で、ひと筆で描き下ろしていました

これまでいろんな画家の作品を見てきましたが、彼ほど思い切った描き方をした人は見たことなかったですねー

 

受付の脇ではポストカードなどが売っていたので、何枚かゲットしてきました

人気作品はすぐに無くなるかもしれませんので、サヴィニャックファンの方、展覧会はまだ始まったばかりですがお早めに!

 

日程:2018/2/22(木) – 4/15(日)

開館時間:10:00 – 18:00 ※月曜休館

観覧料:一般800円、高・大学生及び65〜74歳600円、中学生以下及び75歳以上無料

場所:練馬区立美術館 (Google map)

鉄道:西武池袋線(東京メトロ有楽町線・副都心線直通)「中村橋」駅より徒歩3分

バス:関東バス「中村橋駅」停留所より徒歩5分

阿佐ヶ谷駅北口 – 中村橋駅【阿01】系統終点

荻窪駅北口 – 中村橋駅【荻06】系統終点

荻窪駅北口 – 練馬ええき【荻07】系統「中村橋駅」下車

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です