2018/06/06

英語の成果が出ない・現れない人の6つの特徴

 

こんにちは。TSUBASA (eigoenglish11)です

 

「いくら勉強しても良い点が取れない」

「成績が伸び悩んでいる」

「全然話せるようにならない」

英語を勉強していて、こんな壁にぶつかっていませんか?

ちゃんと勉強しているのに一向に成果が出ない、伸びないと悩んでいたり、自分には向いていないんじゃないかと、諦めかけていたり

ここでは「英語=仕事」と置き換え、どうしたら成果に結びつけられるか?を、お話ししていきたいと思います

 

 

目標を決めていない

今目の前にある参考書だけを、ただ黙々と勉強してはいませんか?

もしそれが終わったら次は何をするのでしょうか?

たくさん勉強して最後までやりきってもたぶん、ほとんど身につかないと思います

というのも、それを勉強して何に活かすか?を考えることが大事なんです

  • 「TOEICで900点を目指す」
  • 「バイリンガルレベルまで話せるようになる」
  • 「医療翻訳家になる」

こんな風に最終目標を持ち、その間に中間目標を立ててみてください

すると、今どの地点まで到達しているのか、半年後にどのレベルにならなければいけないのか、把握することが出来ます

ちなみにぼくの目標は「英語の勉強を一生やめないこと」

ここでブログを書いているのと同じように、「やめないこと」を目標にしてやっています

ゴールが無いように思うかもしれませんが、ぼくの場合、英語は趣味であり好きなことなので、強制的な部分がありません

だから「やめないこと」が目標として成り立っています

将来的に英語を使った職業に就きたいというなら、しっかりと年間目標を立てて学習してください

スケジューリング無くして成果は出せませんよ

 

SPONSORED LINK

毎日継続していない

たくさん勉強している、がんばってる、と言う人ほど、毎日やっていない人が多い

毎週月曜〜金曜までは、学校や仕事が終わったあとに帰って家で学習している、というのは甘いと思います

だって土日はしっかり休んでいますからね

【学習した日】

  • 毎週月曜〜金曜  <  毎日
  • 毎晩  <  毎朝、毎晩

このように、時間を多く費やした方が、少なくとも成果に結びつきやすくなります

仕事もそうですけど、休日にただブラブラと買い物に出かけるのと、何かアイディアが無いか、面白いネタが無いかと意識して出かけるのでは全く違います

リラックスしている時ほど、アンテナを張り巡らせていれば良いものに出会ったりしますし、本気で仕事しているならそんなの当然だと思います

 

ぼくは仕事も英語もブログも、頭の中から一度も離れたことはありません

何かに刺激されたら、すぐにアウトプットするように心がけています

気づいたことはメモをして、忘れないようにリマインダーに入れる、これを鉄則にしています

じゃないとすぐ忘れてしまうし、チャンスを逃すことになりますからね

だから休みの日も常に意識し、または勉強することで、きっと成果につながると思います

あ、とにかくたくさん勉強しろってことじゃないですよ

少しでもいいから毎日コツコツ継続する、ということです

勉強する暇がないと言いつつ、遊んでいるならすぐさまシャットアウトしましょう

 

SPONSORED LINK

実行・実践していない

覚えたことをそのままにして、使う機会を作っていますか?

読み書きだけ行っていても、リスニングをひたすらしていても、きっと話せないでしょう

勉強を受身だけで終えてしまっては、結果は出ないのです

1つ例を挙げます

いつもテストで100点を取っていた友人の話です

彼は授業の内容を記憶するだけで、テスト前の学習は一切していませんでしたが、その代わり家でちゃんと復習していたのです

授業で学んだことを、自分なりに勉強し直すという作業を、常日頃から行っていました

そのことを彼は自慢げに話すことはなかったので、何も知らない友人たちは、いつも彼のことを羨ましく思っていましたが、彼はとにかく復習し、翌日の予習まで行なっていたのです

学んだことはを復習したり、または別のところで活かしたりと、インプット→アウトプットの作業を行うことで何倍も効果があります

あと、自分で文章を考え、英文を作る習慣をつけてください

例文をそのまま暗記するだけではなく、単語を入れ替えたりして「応用」を行うのです

もし行なっていないなら、今すぐにでも実行して欲しいと思います

 

誰にも相談しない

「一人で考え込まず、誰かに相談したら?」

これ、簡単に言ってるように思えますが、本人にとっては大変なことで、相談することが恥ずかしかったり、プライドが邪魔したりして、なかなか口に出せないもの

でも一人で考え込むより、誰かに話した方が楽になるし、一瞬で済む話かもしれないのです

相談する相手は、親しい友人、恋人、親など身近な人でも良いのですが、英語の先生や英語が得意な人など、内容を理解してもらえる人の方が早く解決します

 

というのも、ぼくは中学生の頃、担任の教師ではなく、英語の先生に相談したことがあって

放課後の時間を使い、たくさん相談にのってもらってたので、高校時代にたまたま遭遇した時には「お前に相談されたことよく覚えてる」って言われました

先生のおかげで英語が好きになれたし、勉強することが楽しかったし、あの時相談して良かったって思ってます

今の自分があるのは、その英語の先生のおかげ

もし身近に相談できるような相手がいなくても、英会話教室の講師や、カウンセラーに相談する方法もあります

それに彼らはプロフェッショナルです

今の自分の環境などを含め、英語が話せるようになりたいと、真面目に相談してみるといいですよ

「何年英語を勉強しても身につかない」

「英会話スクールに通っても思うように話せない」

失敗を経験した方も、目的や必要な分野に沿って学ぶことで、短期間で英語が話せるようになります

特に、ビジネスシーンで話せるようになりたいなら、BizEnglish に相談してみてください

完璧を求めている

「この単語帳、全部暗記しないと気が済まない」

「完璧に発音できるまで終わらせない」

気持ちは分かりますが、無闇に繰り返しても疲れるだけです

集中力も欠けるし、頭に入ってこなくなるし、結果に結びつきにくくなります

だからそんなに完璧にやろうとしないでください

7〜8割できてれば十分、半分でも全然OKだと思います

 

完璧を求めるより、いかに集中して短時間でこなすかを軸として勉強すること

言語を覚えることって、とんでもなく大変なことですから、短期間でマスターしてやる!なんて思わないでください

だってそもそも日本語は完璧じゃないですよね?

四字熟語マスターしてますか?漢字を全て書けますか?

英語を完璧に覚えるなんて考えず、間違ってもいいと思って、短時間でとにかく多くこなすこと

あとは復習でフォローです

 

ストレスになっている、楽しんでない

極め付けはこれ、勉強することが「ストレス」になっているということ

言わずとも分かると思いますが、嫌々な気分で勉強しても全く身につきません

むしろ、気持ちが上の空の状態で勉強しても時間の無駄ですから、むしろ勉強しない方がいいです

 

気分がノッている時って、何でもチャッチャと捗ります

作業自体が楽しくて、集中力もすごく高い

反対に睡眠不足だったり具合が悪い時は、意識は朦朧とするし、何をやってもうまく回りません

それにひとつひとつの作業が遅く、間違いも起こりやすくなり、ストレスも溜まってきます

無理をすると勉強することや、英語自体が嫌いになってしまう可能性があります

それでは元も子もありません

だから休む時は休む、ストレスを発散しに行く、という風に、メリハリをつけて勉強に励むようにしてください

 

英語もマラソンやダイエットと同じように、「伸び悩む時期」があります

でもある時急に理解できたり、すらすら話せるようになったりするタイミングがやってきます

その日が来ることを楽しみに、諦めず、そしてめげずに続けて欲しいと願います

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です