2017/06/25

正確な英文の答えを導き出してくれる瞬間英作文「フレーズフレーズミー」

 

瞬間英作文って知っていますか?日本文を読み、反射的に英文を組み立て暗唱することを言います。

僕は瞬間英作文を大いに勧めます。

なぜなら、英会話教室に通っているだけでは、すらすら英語を話せるようにならないからです。

以前僕は、毎日のように英会話のレッスンを受けていました。それなのに予習ノートが無ければ話せないレベル。単語をたくさん暗記して、中学で習った基礎文法をやり直し、ボキャブラリーだって豊富になっているはずなのに、思い通りに言葉が出てきません。

その原因は、覚えた単語を使って文章を組み立てる練習をしていなかったため。

僕はこの瞬間英作文というトレーニングのおかげで、日本語から英語に変換するスピードが確実にアップしました。

今回はその中でも無料で始められるものをご紹介します。

PhrasePhraseMe(フレーズフレーズミー)

phrasephraseme-1

PhrasePhraseMe(以下フレフレ)の特徴は、瞬間添削文法理解反復練習の3ステップで構成されています。

まず、お題のイラストに対して日本語の説明文が表示されます。それを見て英文で答えます。答えた英文が正しいかフレフレが瞬時に分析し、綴りや文法が間違っている場合は解説付きで教えてくれます。何度も間違いながら自分で答えを探し、きちんと理解するまで反復練習をする、という訳です。

ヒントを出すことはできますが、答えを見ることはできません。自分で答えを作り出さない限り、一生わかりません。

とは言え、ヒントの中には「単語の並び替え」があります。その文書に含まれる単語が出てきて、順番に並び替えるだけです。一番やさしい現在形・過去形の問題から始めれば、それほど難しくもありません。

SPONSORED LINK

答えはひとつじゃない!

phrasephraseme-2

英語の教材には答えが1つしか載っていませんよね。でもフレフレは違います。

「彼が試験に合格するといいなぁ」という問題があります。あなたはI hope…と答えますか?それともI wish…でしょうか?

日本語でも「願う」気持ちの度合いって違いますよね。そうなればいいな!と願うこともあれば、なんとしても・・と心底願うこともあります。

英語も単語や熟語の使い方で言い回しは異なりますが、イラストに適した回答であれば、その答えは合ってるよ!とフレフレは判断します。

SPONSORED LINK

添削の基準は?

瞬間添削の基準はサイト内に以下のように記述されています。

次の条件を満たしていれば “Excellent” と評価されます。

・ 元の日本文の意味を過不足なく表している英文

・文法的に正しい英文

・実際に使ってもOKな英文

逆に “Try again” は、以下のどれかに当てはまった場合です。

・元の日本文の意味を表現できていない英文

・文法的に間違っている英文

・実際に使ったら “?” な英文

1.しっかりと表現されているか、2.文法が正しいか、3.ネイティヴに通じるか、これら3つを基準としているようです。

ここで疑問です。じゃあ試験で使っても全て正しい答えと言えるのか?

そのことについてはこのように記述されています。

基本的には正解ですが、英語教育の現場では「この日本語にはこの英語をあてる」と画一的に添削される可能性もあり、それ以外の表現を書くと不正解になることもありえます。

その懸念がある場合には、Excellent と判定しながらも解説で「試験では○○という表現を使った方が無難です」といった補足説明を入れるようにしています。

このようにしっかりと試験対策をしています。素晴らしいですね。

 

フレフレってどうゆうものか大体理解したところで、早速使ってみましょう!

まずはiPhone用アプリの使い方から解説していきます。

英作文のフレーズフレーズミー(英文法と瞬間添削で学ぶ英作文)ダウンロードはこちらから

iPhone用アプリ「英作フレフレ」

phrasephraseme-3

アプリはとてもシンプルです。アプリを開くとこの画面。「英作文をはじめる!」でスタートします。

phrasephraseme-4

出題内容のイラストと日本語の文章が表示されます。あとは好きな問題を選ぶだけ。めっちゃわかりやすい!!

ここでは1番上の問題「私は虫が嫌いです。」を選びます。

phrasephraseme-5

回答する方法は2つあります。1つは画面左【テキスト入力(英文を全て)】、もう1つは画面右【単語の並び替え】です。まったくわからない場合は単語の並び替えにします。わからないからっていちいち調べたりしません。並び替えで覚えて行く方がよっぽど効率的です。

phrasephraseme-6

答えを入力して正解した場合、このように表示されます。僕が虫をbugsで答えたことに対して、虫は他にinsectっていうのもあるよって解説されてますね。

phrasephraseme-7

今度は他の答えを入れてみました。

画面左はI don’t likeと答えたところ、嫌いという表現に対しての解説がついているのがわかります。

また画面右はbugと単数で答えてしまったことで、一般を指す場合は複数形にしましょうと指摘しています。

この時、パッと思いついた単語はbugでしたけど、別の日にはinsectが頭に浮かびました。同じ問題を何度も繰り返すことで、自然に文章が浮かび上がり、確実に引き出し(ボキャブラリー)が増えていくのを実感します。

ウェブサイト「フレーズフレーズミー」 

phrasephraseme-8

ウェブ版の場合、アカウントの登録が必要です。Facebookかメールで会員登録をします。登録を済ませたらログインをして始めます。

phrasephraseme-9

アプリと異なり、問題数はかなり多いです。無料会員でも150問用意されています。添削は1日5問までと制限がありますが十分です。

有料会員は2つあり、レギュラー会員とプレミアム会員があります。どちらも1日あたりの制限はありませんが、プレミアム会員は出題数が300問以上になります。詳しいプラン内容はこちらから。

phrasephraseme-10

先ほどの画面から「未来の表し方・進行形」を選びました。このようにイラストがずらーっと出てきますので、好きなものを選んで下さい。

phrasephraseme-11

イラストを選んだら早速問題スタートです。

①の欄に英文で入力して、下の「瞬間添削」で回答します。②は時間のカウンターです。制限はありませんが焦ります。英文がまったくわからない場合、右上③のモード設定より変更できます。

phrasephraseme-12

モード設定はこの3つです。それぞれオンにすると次のように切り替わります。

phrasephraseme-13

「単語モード」で、単語の並び替えに変わります。順番に単語を押して文章を組み立てていきます。一番簡単な設定です。

phrasephraseme-14

「ヒントモード」で、文章の中で使われるフレーズのヒントが出てきます。このフレーズをもとに文章を組み立てます。

phrasephraseme-15

「暗記モード」は、イラストのみ表示されます。何度か練習して、質問の内容を暗記していなければ答えられません。こちらだけ難易度の高い設定です。

まとめると

フレフレについてまとめると、

  • 答えは1つじゃない
  • 瞬時に回答される
  • どこが間違っているか解説してくれる
  • 無料(有料もあり)

そして何より魅力的なのは、

  • 自分で答えを見つけ出す!!!

ということ。

ぜひトライしてみてください!

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です