2017/06/25

暗記力アップにも繋がる基本的なフォーマットの作り方。【Anki】

 

Ankiにはカードのベースとなるフィールド(フォーマット)があります。標準で付いてるフィールドはいくつかあるのですが、ちょっと物足りない。フォーマットを変更することでカードを作る作業効率が良くなり暗記力(記憶力)もアップします。

それに、せっかく一生懸命作ったカードのフォーマットを後から変更していくのはものすごくしんどいです。はじめにやっておけば良かったと後悔します。

ということで今回は、一度覚えてしまえばものすごく簡単!とっても大事なフィールド(フォーマット)の作り方です。

パソコンなら無料で使える暗記ソフトをまだ入れていない!って方はこの記事を読んでね!→英単語を覚えるのにオススメ!紙の単語帳より便利なAnkiというアプリ。

しかも音声で単語や文章まで読んでくれますよ!!→単語帳アプリ「Anki」からネイティブな発音をさせる方法《読み上げ設定保存版 for mac》

 一気にいきますフォーマットの作り方

1.anki-field

1.まずは単語帳を作成しましょう。ここではFieldという名前にしています。

2.anki-field

2.追加を選択

3.anki-field

3.左上のフィールドを選択

4.anki-field

4.ここでフィールドを増やしそれぞれ名前をつけていきます。まずはFrontを選び名前を変更します。

5.anki-field

5.単語という名前に変更します。

6.anki-field

6.同じように名前を変更したり追加でフィールドを増やします。このように5つの項目を作りました。

7.anki-field

7.追加画面に戻るとフィールドが増えていますね。今度はカードを選択してください。

8.anki-field

8.カードを開くと作ったフィールドがありません。下にあるフィールドを追加を選択してください。

9.anki-field

9.先ほどはフィールドに名前をつける作業で、ここではそのフィールドをカードに表示させる作業を行います。上のフィールドより単語、下の追加先はFrontにしてOKを選択してください。

10.anki-field

10.表面のテンプレートにコードが表示されました。ただこのままだと単語が2つ表示されてしまうので、青のハイバック部分を削除してください。

11.anki-field

11.こんな感じです。

12.anki-field

12.他のフィールドも同じように作っていきましょう。フィールドは意味、追加先はBackにしてください。

13.anki-field

13.単語と同じように意味も2つ表示されてしまうので、単体の方を削除してこのようにしてください。

14.anki-field

14.全部入力を終えた画面です。類義語、例文、例文の意味はすべてBackに入れています。右側のプレビューが変わりましたね。

15.anki-field

15.文字が詰まった状態で表示されるので、気になる場合は各コードの後ろに<br>(改行)を入れてください。終わったら右下の閉じるを選択。

16.anki-field

16.あとはこのように入力してカードを1枚作ってみましょう。

17.anki-field

17.完成です。見やすい!!

SPONSORED LINK

まとめです

18.anki-field

「基本」というカードの種類に対してフィールドを作成しました。別の単語帳を作る時に「基本」を選べばこのフィールドを使うことができます。

ちなみにインストールしたアドオンのフィールドを変更する場合、色々なコードが入力されている場合があるので、コード入力には十分気をつけてください。

僕は一度大失敗してます・・

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です