リマインダーに依存すると危険。便利な機能がストレスに変わってしまうお話

 

ども、TSUBASA (eigoenglish11)です

 

iPhoneの純正アプリ「リマインダー

これまでいろんなリマインダーアプリを使ってきましたが、なんだかんだ言って1番シンプルで使いやすいのは、この純正かな、って思います

というのも、Staccalというカレンダーの神アプリと連動していて、リマインダーにメモしたことがそのまま反映されるから

純正と連動してくれるから、すごい便利なんです

リマインダーに記録することって、忘れちゃいけないことだから、ちょっとでも「あ!」って思ったらすぐメモしてしまいます

でもそのせいで、Staccal上にとんでもない量のリマインドスケジュールが、登録されてしまったのです

 

 

年齢と共に備忘録が増えた?

最近、リマインダーに登録することが、あからさまにその頻度が高くなった気がします

それは年齢的に物忘れが多くなったせいか、単純に仕事もプライベートも、日常的にやるべきことが増えたのか

どちらが主になっているのか、そのバランスは正直分かりません

個人的にはそれについて、別に深く考えてないからいいんですけど、それよりリマインドするのが多いこと自体に、謎めいています

「おれ、そんなにやることあったっけ?」

こんな風に思ってはいるんですけど、何故なのか分からず困っています

 

SPONSORED LINK

リマインドすることが増えたせいで・・・

ふと、リマインダーを見てみたら、スクロールするほどのタスクが溜まっていました

直近で忘れてはいけないこと、反対に1年後に忘れてはいけないことなど、その内容は様々で、どれも大事なことではあるんです

でもね、これもう、やり過ぎなんじゃないか?って思っちゃいました

だって1年後とか、普通、忘れないようにしますかね?

今はこうやってアプリがあるからやってますけど、10年前とか、そんな先のことを忘れないようにしなきゃいけない!なんて考えたことないですもん

だから自分のことをちょっとキチガイに感じ、リマインダーって何?と、引いてしまいました

 

SPONSORED LINK

すごくストレスを感じる

リマインダーは便利です、ほんと助かってます

あ、これ忘れるとこだった。登録しといて良かった。って、よく思います

でもね、その時間がやってきてはリマインドされる、〇〇に着いたらリマインドされるが続くと、アプリにコントロールされてる気がして、なんだか気持ち悪くなります

自分の意思でメモしたことが、監視されているような感覚になって、ふと考えてみると、怖っ!ってなります

なんでこんなに通知されなきゃいけないんだとか、削除し忘れただけで、また通知が来てイラッとしたりとか

自分でしていることなので、何が原因なのか分かっていますけど、それでも腹が立つんです

リマインダーって、こんなにもストレスになるとは思ってもみませんでした

 

なので思い切って削除しました

たくさんあった備忘録、ほんとに重要なことだけ残して、あとは削除しました

消す事をためらわせるような、なかなか濃い内容のものもありましたが、断捨離と割り切って、きっちり整理整頓させてもらいました

そのおかげで、リマインダーを開いてもストレスを感じることが無くなり、Staccalもスッキリとしました

ひさびさにスッキリとした画面を眺めていますが、めちゃくちゃ快適です

 

忘れちゃいけないことってあります

でも、忘れてもいいことだってたくさんあります

大したことじゃないのに、「忘れないようにしないと」が頭の中で働いて、余計なものまでリマインドするようになっていた

そんなことあるもんですね

ほどほどにしとかないと、いつの間にかアプリにコントロールされてしまうかもしれません

リマインダーに限らず、便利なものというのは、「楽」をするために存在しています

携帯だって、持ち歩けてすごいな。から、音楽も聞けるスマホって便利だな。へと変わってますから

ストレスや負担にならないように、気をつけないといけないですねぇ

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です