初めての英会話。初心者が気をつける4つのこと

 

こんにちは。TSUBASA(eigoenglish11)です

 

「初めての英会話」って怖いですよね

緊張のあまり言葉に詰まったり、頭が真っ白になってしまったり、誰でも自分の思い通りにはいかないと思います

そして会話は絶対的に、「コミュニケーション能力」も必要ですよね

だから元々話すことが苦手な人は、更に恐怖心が生まれるかもしれません

本文では、初心者が英会話をする際に、気をつけるポイントをまとめています

特に難しいことではありませんが、不慣れな部分もあるかもしれません

でも頑張ってチャレンジしてみてくださいね

 

相手の目を見る

外国人は「目を見て話す」と言いますが、これ、ほんとの話です

相手が話している時はもちろん、こちらが話している時もジッと見てきます

日本人は目を見て話すこと自体不慣れなので、最初は変に意識し、戸惑ってしまうかもしれませんが、何度か繰り返していくうちに、自然と慣れてくるので心配ありません

直視できないのなら、眉間の辺り、おでこの周りなどを見ながら会話をすればいいですし、別に目を逸らしても何の問題もないので、普段より少し意識する感覚で行ってみてください

外国人の瞳はブルーだったり、グレーだったりするので、キラキラにやられてしまわないように注意!

目を見て話すのが苦手なら、こちらの記事も参考にして見てください

 

SPONSORED LINK

ボディタッチをする

外国人にとって「ボディタッチ」は普通です

欧米に関わらず、ぼくたちと同じアジアの人たちも平気でしてきます

というのも仕事の兼ね合いで、中国、韓国などアジア諸国の人たちと接する機会が多いのですが、別にお酒を飲んでいる訳でもないのに、自然に体に触れてきます

日本人だって親しい仲であれば、ボディタッチに抵抗はないですよね

でも外国の人たちにとっては、親しくなるための手段として、ボディタッチというものが存在しているような気がします

嫌いな人と触れるのは嫌ですけど、別にそんな気持ちも芽生えていない間柄なら、ボディタッチをしても平気なはず

偏見を持たず、ボディタッチは会話の一部だと思って行ってみてください

相手に勘違いさせない程度にね

 

SPONSORED LINK

単語で話す

たくさん話したいことがあるからといって、頑張ってフレーズを覚えたとしても、きっと使える言葉はひと握りだけでしょう

会話はテンポですから、「あれ、こういう時なんて言うんだっけ?」と思い出してる間にも、話はどんどん逸れて行きます

すると次第に話についていけず、下手すると会話が止まってしまうでしょう

そんなの悲しいです。せっかくの機会を台無しにしたくありません

 

だったらフレーズや文法なんて忘れて、「単語」で話してみてください

単語を連呼していれば、何を言いたいのか相手は知ろうとします

このことかい?こう言いたいのかい?と、質問されれば自然にキャッチボールが始まります

かっこいい言葉なんか要りません

いかに自分を出して、相手を知ろうとすることが大事なんです

単語しか話さなくても、相手の言った事を繰り返したりしているうちに、次第に少しずつ会話ができるようになっていきますよ

 

相手の良いところを伝える

テレビでインタビューを受けている外国人って、日本の良さをサラッと言ってる印象があります

以前、「どれが食品サンプルでしょうか?」というクイズ番組に出ていた外国人がいたんですけど、その彼、見事に外してしまったんですよね

「あー、やっぱりこれか。そうだと思ったんだよね」というのがよくある回答ですが、その彼は違いました

『全然分からなかったよ。いやぁ、やっぱり日本人の技術はすごいね。こういう細かい配慮がサービスに活かされてるから、世界から高い評価を得ているんだって、ぼくは思うよ』

なんですかこの100点満点の答え・・・カッコ良すぎですよね

こんな風に外国人と話す時は、相手のことはもちろん、その人の国を褒めてみてください

アメリカ人なら「あなたたちはセンスが良いから、次々と新しいものを作り出せるのね」とか、フランス人なら「日本はフランス人を見習ったから、今の食文化があるんだよ」なんて言うと良いかもしれません

どちらも事実ですし、きっと喜んでくれるに違いないと思います

初めての英会話、ぜひ参考にしてみてください

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です