人の目を見れなかった僕が、目を見て話すためにしたこと。

 

今回は、前回書いた記事 icon-external-link の続きです。

 

目を見て話すときに、ぼくが意識していることをお話したいと思います。

あくまでぼくの個人的な見解です。

やったから必ず克服できるという訳ではありません。

でも見れるようになってもらえたらと思います。

背筋を伸ばす

ぼくは猫背です。

気付いたら丸くなってて、頭も前のめりになってます。

ぼくと同じような猫背の人と話したり、ピシッとしたスーツを着てる人を見ると、ハッと気付いて背筋を伸ばすんです。

擬音語多いな。

OLの鈴木さん

背筋が真っ直ぐな人は、目を見て話すし、声もハキハキしてます。

それを真似るように、自分もシャキッとするんです。

もし背中が曲がっているなら、ちょっと意識して真っ直ぐにしてみてください。

座るときにはあぐらをかかず、正座するといいですよ。

 

SPONSORED LINK

ながら話す

相手の目を見るのはかなりプレッシャーです。

変なこと言わないようにとか、目の奥を覗き込まれないようにとか、いろいろ考えてしまいます。

もちろんそんなこと考えたくありません。

勝手に嫌なことばかり頭に浮かんで来るんですよね。

 

目を見て話せないなら、別のところへ意識を持っていけばいいんです。

  • 目をこすりながら
  • 頭をかきながら
  • あごを掴みながら
  • 何かを持ちながら

 

「ながら」をすると、自分だけではなく相手もそこに目が行きます。

意識を散らせば深く考え込まなくなるんですよ。

ただあまり多いと、話を聞いてないようにみられます。

ほどほどにやってみてください。

 

SPONSORED LINK

チラッと見る

なるべく目を見るように意識をしたら、逆に目が離せなくなりました。

逸らすタイミングも分かりません。

すると相手はこんな風に思います。

 

「なんでジッと見てくるの?」

「目つき悪いな。」

「なんか怖いんですけど・・」

 

ね。あまり凝視してもダメなんです。

 

ずっと見なくていいので、たまにチラッと見てみてみてください。

相手が何かを話す瞬間とか、同意を求める時とか、目を合わせやすいタイミングで、一瞬でいいから見るんです。

次第に見る回数が増えていくと思うので、あとは慣れるのを待ってください。

 

目の力を抜く

目を見開くと、眼力が強くて、威圧的な感じになります。

反対に目の力を抜いて、遠くを見るような感じで目をそばめてみてください。

「見る」という意識をやめて、「見ている」状態にするんです。

 

英語の場合、Look」は意識的に見るという動作のことを言い、「See」は眺めるとか目に入っているという状態のことを言います。

ぼくは目を合わせづらい人に対しては、頭の中で「海にいる気分だ(Sea)」って、意図的に見方を変えています。

意識すると力んでしまうので、試しにスッと力を抜いてみてください。

 

メガネをかける

ぼくは視力が悪いので、度付きのメガネをかけています。

でもずっとかけてると頭が痛くなるので、昼間はコンタクトをしてるんです。

 

昔、精神的に不安定な時期があって、昼間もメガネをかけていました。

そのメガネは度が入っていません。

「伊達眼鏡」です。

 

レンズ1枚通すだけですが、不思議と目を見ることができるんですよ。

一度それを経験してからは、調子のよくない日は伊達眼鏡をかけて出かけるようになりました。

伊達眼鏡なんて、¥500とか¥1,000でその辺のお店で売っていますし、ネットでも買えます。

たったそれだけで克服できたら、めちゃくちゃラッキーです。

 

無理に目を合わせない

どうしても合わせることができない、合わせたくない人っていると思うんです。

ぼくは高圧的な人が苦手で、そうゆうタイプの人と目を合わせるのがしんどくて、できることなら見たくないとも思います。

 

無理に合わせて、テンパって、気まずい状況になるぐらいなら、諦めてもいいんじゃないでしょうか。

気の合う人と目が合うのなら、それで十分じゃないでしょうか。

 

人間なんだから、性格が合わない人は必ずいます。

合う人が多いか少ないかの差だけですよ。

目を見て話せる人は気を許せる相手だと思うんです。

そうゆう人と向き合っていけたらいいんじゃないかと思います。

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です