ちょっとした合間にリスニング。英語を耳慣れさせるにはワイヤレスイヤフォンで

 

こんにちは。TSUBASA(eigoenglish11)です

ここ最近、街頭で外国語のアナウンスを耳にするようになりました

英語はもちろん、中国語、韓国語など、流れる言語数の幅も広がり、外国人に向けたサービスを行なっているお店が増えてきているようで

外国語を日常的に耳にしていると、何だかグローバルな感じがしていいもんですね

 

さて、みなさんは英語の聞き取り練習をどんな風に、どのような場所で行なっていますか?

ぼくは決まった時間、というより特定の不規則な時間帯ですけど、いつも「隙間時間」に行なっています

仕事を終え、家に帰って本を読んで勉強する時もありますが、大体読んでる途中でくたばって寝てしまうので、気力のある、日中の時間を活用するようにしています

隙間時間にアプリを使って勉強する他、洋楽を聞いたり、映画を見てリスニングをすることもあります

英語を耳慣れさせるには、なんかしら英語に触れることですから、勉強勉強しなくてもいいっていう考えです

ストレス溜まっちゃいますからね

 

そんな訳でここでは、隙間時間にリスニングをし英語を耳慣れさせるメリットと、イヤフォンについてお話します

え、イヤフォン?

いやいや、何気に大事なことなんですよー

 

1日の中で英語に費やすことができる時間

DMM英会話Blogによると、耳がフリーな状態の時間はたくさんあって、具体的に挙げると次のようなシチュエーションにある、と話しています

・ 通勤時間
・ 家の掃除中
・ 散歩・ジョギング中
・ 料理・片付け中
・ 買い物の最中
・ 昼休みやランチ中スマホを見ている時間
・ お風呂
・ 電車・バス・車・徒歩など外出の際の移動中

これらの時間をリスニングに費やした場合、結構な時間になるんです

参考までに、ぼくはの場合は次のような時間割にすることができました

AM9時 – 10時 : 電車通勤(1時間)

PM10時 – PM11時 : 電車で帰宅(1時間)

不定期 : 顧客先へ電車&徒歩移動(30分)

こうしてみると平日は1日あたり2時間半、掛ける5日をすると、週に12時間以上もリスニングの時間にあてることができるんですよね

週に12時間だから、ひと月あたり48時間

隙間といえど馬鹿にできない、めちゃくちゃ貴重な時間です

通勤時間や移動中など、基本的に耳は「暇」ですから、何気なく英語を聞かせてみても全然良いと思います

 

SPONSORED LINK

AirPodsなどワイヤレスイヤフォンが間違いない

 

またリスニングをするにも、コード付きのイヤフォンよりワイヤレスが断然いい

これ、使っている人は分かると思いますが、線が無いことでバッグとかにひっかかることが無くて、イライラがものすごく解消されるんです

ぼくはAppleバカなので、AirPodsがリリースされた時、すぐに購入しました

もうね、線があるとないとで、天と地ぐらいの差を感じましたよ、ほんとに

 

AirPodsに関する記事にも書きましたが、実際に使ってみて次のようなことが判明しました

AirPodsのメリット

・軽い
・線がない
・イライラしない
・カッコいい
・落ちない
・長持ちする(バッテリー)
・小さい
・iPhoneを放置できる
・たたくとSiriが反応する
・付けたまま端末を切り替えられる
・音がクリア
・外すと音が止まる
・花粉症対策になる

AirPodsの特徴、そしてワイヤレスであることに、これだけのメリットがあるんです

スマホで音楽を聞くにも、映画を見るにも、英語の学習にだって大きな効果を発揮してくれますから、ぜひともAirPodsなどのワイヤレスイヤフォンを使って欲しいと思います

ほんと違いますから、騙されてみてください

via DMM英会話Blog

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です