2017/06/25

AirPodsって何?ただのAppleファンが約1ヶ月使ってみて感じた13のメリット。

 

巷で耳にする「AirPods」

一体どんなものなのか気になり、gori.meFATHER LOGなどAppleに関するサイトをほじくりました。

しかし、関連サイトを見れば見るほど、彼(AirPods )の魅力がよくわからなくなってしまいました。

 

そんな気持ちで迎えた2017年。

年始にやっとこAirPodsをゲットし、その利便性を色々体感しました。

 

そんなわけで今回は、

「基本毎日着用、日々の生活におけるAirPodsの13のメリット」

をお話します。

1.軽い

AirPodsは重厚感のある見た目ですが、実際にはかなり軽いです。

イヤフォン1つの重さが4g、これはレンコンの薄切り1枚と同じ重さです。

また充電ケースは38gしかなく、小さめのピーマン1個と同じ重さになります。

つまりイヤフォンと充電ケースを合わせても、レンコン2枚とピーマンひとつにしかなりません。

 

販売サイトを見ると拡大画像が多く、なんとなく重厚感があるように感じとられます。

でも思いの外軽いのです。

レンコンとピーマン持ち歩くようなもんなのね。

 

SPONSORED LINK

2.線がない

AirPodsの最大の特徴、「ワイヤレス」であること。

イヤフォンと言えば、接続部分の「イヤフォンジャック」と、長く垂れ下がる「コード」がありますよね。

Bluetoothのイヤフォンやヘッドフォンですら、左右のイヤフォンを繋ぐ「コード」が付いています。

でもAirPodsにはこれら全てが付いていません。

完全にイヤフォン1つが単独で機能しているのです。

 

SPONSORED LINK

3.イライラしない

ワイヤレスであることがどれだけノーストレスか、みなさん考えたことはありませんか?

電車に乗ってはコートを脱ぐたびコードがひっかかり、「プツ」っとイヤフォンが吹っ飛んでました。

ひっかかりにくにいように、延長コードも買ったことがあります。

でも今度はコードが長すぎて踏むんです。

踏んだ瞬間に耳がひっぱられて、「プツ」っと切れます。

耳は痛いし、常にイライラしてました。

このストレスが無くなって、今はとってもハッピーです。

有線のものはどんどん無くなればいい!

TSUBASA

 

4.カッコいい

AirPodsの見た目が変だとかダサいとか色んな酷評が出回っていますけど、僕は近未来的な感じがするしとってもスタイリッシュだと思います。

否定するわけではないのですが、ヘッドフォンなんかは音質が良いかもしれんが、ゴツゴツした感じがすごくダサいって思っちゃいます。

あと髪型崩れちゃうしね。

 

スマートフォンは言わば、「ボタンを無くした携帯電話」ですよね。

AirPodsは「コードを無くしシンプルに、そしてコンパクトに」したものです。

だからAirPodsは「スマートイヤフォンじゃん!」って思います。

 

5.落ちない

従来のイヤフォンは走ったりするとすぐ外れます。

イヤフォン自体は重くありませんが、コードがイヤフォンをひっぱってしまうんですよね。

 

AirPodsを購入したとき、正直落ちるんじゃないかと心配でした。

着けたら試しに歩いてみて、それから軽くジョグしてみました。

全速力で走ると徐々に緩んで落ちそうになりますが、頻繁にダッシュするような機会もないので、日常生活をする上で「落ちる」という心配はほぼありません。

落下や紛失が心配なら、 【Spigen】 というAirpods用のネックストラップで防止することができます。

接続部分はAirpodsの充電部分をホールドする形なので傷も付きにくいです。

6.長持ちする(バッテリー)

Appleの製品で毎回囁かれてる「バッテリー問題」

iPhone同様、AirPodsもかなり注目されてました。

電源とバッテリー
AirPodsと充電ケースの併用:24時間以上の再生時間(3)、最大11時間の連続通話時間(6)
AirPods(1回の充電):最大5時間の再生時間(2)、最大2時間の連続通話時間(5)
充電ケースで15分充電:3時間の再生時間(4)、または1時間以上の連続通話時間(7)
Apple.comより引用

ここで注目すべき点は、音楽や動画などの「連続再生時間」と、イヤフォンの充電が切れた時の「充電ケース」です。

充電がフルの状態であれば5時間、ゼロの状態であれば15分の充電で3時間連続で再生することができます。

僕は移動中やカフェに入った時ぐらいしか着けないので、3〜5時間も連続再生できれば十分です。

 

また充電ケースでイヤフォンを充電する速度、これについては早いとか遅いとか特に思いません。

それよりイヤフォンをしまっている間に充電されるのがポイントです。

耳に着ける時以外は、基本的にはケースにしまいます。

裸でポケットにしまうようなことはありません。

しまってる間に充電できる、それだけで十分じゃないでしょうか。

 

7.小さい

コードが無い分、イヤフォンの「小ささ」をより感じます。

こんなサイズだっけ?と純正のイヤフォンと比較してみると、AirPodsの方がひと回り大きいくらい。

目の錯覚というものを感じます。

 

イヤフォンが小さい分、収納するケースももちろんコンパクトです。

見た目は薄っぺらい卵のようで、ポケットにもすっぽり入ります。

そのため持っているという感覚もありません。

サイズ的にもノーストレスです。

 

持っている感覚がないので紛失しやすいかも。

無くさないように気をつけないと。

TSUBASA

 

8.iPhoneを放置できる

AirPodsは、iPhoneやmacとペアリングして使用します。

Bluetoothで接続されているので、端末が多少離れた場所にあっても接続は切れません。

例えば家で音楽を聞いてるとき、ちょっと移動するにしてもiPhoneを持ち歩くか、イヤフォンを耳から外さなければいけません。

でもAirPodsならその場にiPhoneを置いたままで大丈夫。

トイレだって2階にだって上がれます。

いちいちiPhoneを持ち運ぶ必要が無いわ。

 

9.たたくとSiriが反応する

iPhoneに向かって「Hey, Siri!」って叫んだことありますか?

AirPodsでもSiriを呼ぶことができるんですけど、声をかける訳ではありません。

イヤフォンを「トトンッ」とダブルタップして呼び出します。

イヤフォンにはマイクも付いているので、呼びだしたらそのまま話しかけるだけでとっても楽チンです。

 

スマホをいじるのが億劫になるほど、めちゃくちゃ寒い日がありました。

たまたまAirPodsを着けてたのでSiriを呼んでみたんです。

「近くの〇〇(飲み屋さん)の電話番号教えて」

iPhoneに番号が表示されます。

あとは番号押すだけ、めっちゃ楽でした。

 

10.付けたまま端末を切り替えられる

ペアリングもいたって簡単です。

一度端末に接続してしまえば、「Bluetooth」をオンにするだけで切り替わります。

AirPodsを使ってmacでYouTubeを見ている時、iPhoneで何か音楽を聴きたくなったとしましょう。

することはただ一つ、「iPhoneのBluetoothをオン」にするだけ。

イヤフォンジャックを差し替える手間はないです。

 

そして音楽を聴くだけに止まらず、電話に出ることも可能です。

「Siri」をオンにしておけば、イヤフォンをダブルタップするだけで繋がります。

音量の上げ下げを簡単に出来ないのが難点ですが、それ以外はほぼ「ハンズフリー」状態です。

 

11.音がクリア

僕はiPhoneから流れる曲の音質に関しては興味ありません。

むしろ通話時の「聞こえやすさ」を重要視しています。

 

僕は耳が悪いです。

都会は騒音も多く、より一層電話の声が聞き取りにくくて困り果てていました。

そのためいつも純正のイヤフォンを着けて電話をしていました。

なぜならイヤフォンなら音がクリアに聞こえるからです。

 

AirPodsならワイヤレスという快適さと、クリアな音質を体感できます。

音の質を求めるならAirPodsは向いていません。

あくまでも利便性を重視したアクセサリだと思ってください。

 

12.外すと音が止まる

AirPodsには再生ボタンも停止ボタンも付いていません。

音声の再生・停止は、端末のボタンを押すかSiriを呼ぶ必要があります。

でも音声を停止するには別の方法があります。

イヤフォンを外すんです。

イヤフォンを片方外すと音声は一時停止し、装着すると再び流れ出します。

また両方外してしまえば完全に停止します。

 

イヤフォンをしている時、街角でばったり取引先に会ったりしますよね。(僕だけかな)

「毎度お世話様です!」なんて言いつつ、停止ボタンを押して、スマホにぐるぐるイヤフォンを巻きつけます。

でもAirPodsなら、スッと外してポケットに突っ込めばOK。

いちいち停止ボタンを押す必要も、コードを巻く手間もなくめっちゃ楽です。

 

13.花粉症対策になる

春先から始まる「花粉症」の方に、AirPodsを是非ともオススメします。

なぜなら「マスクの取り外しがめっちゃ便利」だからです。

 

風邪をひいた時にマスクをして出かけたんです。

外に出て、いつも通りAirPodsを装着しました。

そしてそのまま電車に乗り、不慣れなマスクのゴムによって耳が痛くなったのです。

あー痛い(イライラ)

TSUBASA

嫌気が差したのでマスクを取り外します。

しばらくして、ハッと気がついたんです。

「コードがぐるぐる引っかからない!!」(イヤフォンの線とマスクのゴムが引っかからない)

 

僕はただの風邪ですが、花粉症の方はイライラすることが多いと思います。

AirPodsならそのイライラをかなり軽減させてくれますよ。

まとめ

AirPodsを使用した結果、以下13のメリットがありました。

  • 軽い
  • 線がない
  • イライラしない
  • カッコいい
  • 落ちない
  • 長持ちする(バッテリー)
  • 小さい
  • iPhoneを放置できる
  • たたくとSiriが反応する
  • 付けたまま端末を切り替えられる
  • 音がクリア
  • 外すと音が止まる
  • 花粉症対策になる

また使っていくうちに良いところが見つかったら追加していきますね。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です