2018/06/06

盲目の人に易々と声をかけるな。当人にとっては不親切かもしれない

 

こんにちは。TSUBASA(eigoenglish11)です

 

先日ね、視覚障害者の方が、道路のど真ん中を歩いているのを見かけたんです

そこには視覚障害者誘導用ブロック(道路にある黄色いイボイボしたやつ)が無くて、道路の脇にあるフェンスを杖でカンカンやったり、空中を振り回してたんですよ

で、近くを走っている車もいるし、チャリンコが側を突っ切ってたので、こりゃ見てて危ないと思って声をかけたんです

そしたら、その方の話していたことがすごく印象深くて

ここではその時のお話をしたいと思います

 

手を引くより肩で誘導する

「すいません、どちらまで行かれるのですか?」

杖を振り回していたおじさんに、ぼくはこう声をかけました

そしたらおじさん、すぐにこう答えてきたのです

『すぐそこのバス停だから、ほっといてくれ』

えー、そんな言い方ある?

正直、こんな風に思いました

失礼の無いように聞いたつもりなのに、そんな冷たい言い方ないです

でもね、すぐそこって言っても、人はわんさかいるし、多分、目の見えない人にとっては結構な距離だと思ったんです

だからめげずに、「すぐそこでもバス停はたくさんありますよ?どのバス停ですか?」って聞いたんです

そしたらおじさん、『4番なんだよ』って言ってきました

「4番、4番、、あった、駅前のとこですかね?」

うんと頷いたので、一緒にそこまで行こうと話し、手を引くため、腕をそっと掴もうとしました

 

その時です

おじさん、ぼくの手を思いっきり振り払いました

『触らなくていいから。そうじゃないんだ。肩貸してくれ。その方が歩けっから』

ふと、何かのドキュメンタリーで見たことを思い出しました

手を引いたり、後ろから押したりする行為は、目の見えない人にとってものすごく怖いこと

杖は自分の前方を確認するためにあって、それ無しで歩くというのは不安でしかないと

「すいません、分かりました。ぼく背が高いですけど大丈夫ですか?」

そう言って手を肩にかけると、おじさんはニヤッと笑ってくれました

右側にフェンスがあるよとか、ちょっと段差になりますよとか、声をかけながら歩いていると、おじさん、警戒心が薄れてきたのか、次のようなことを話してきました

 

SPONSORED LINK

障害者を狙う悪いやつがいる

ゆっくり駅前へ歩いていると、おじさんこんなこと言ってきたんです

『親切にしてくれるのはありがてぇ。でも悪いやつもいるんだ』

悪いやつ?急に殴ってくるとか、変なやつかなぁと思いました

『こないだじぃさんが「大丈夫ですか?」なんて言って体触ってきて、持ってた財布、2つ取られたんだ』

 

えーーー

思わず声を上げました

いやいや、そんなことするやついるの?

あり得ないっしょ

しかもその被害者本人が目の前に

もうね、めちゃくちゃショック受けました

 

『だからさ、親切にしてくれるのが怖いんだよ。だってさ、知らないやつが声かけてくるんだぜ?その財布買ったばかりだったのにさ。しかも2つ取られたし。おれはさ、警察ですって言われても、ほんとにこいつ警察なのかって思っちゃうんだよ』

はー

大きなため息が漏れました

おじさんの言ってることが、ガツンと身にしみました

だからぼくが声をかけた時も、あんな態度をして来たんだって、仕方ないことだって、心底思いました

目が見えないと、音が頼りになるけど、どんな人が声をかけても、盲目者にとっては不安でしかない

例えそれが警察であろうと、嘘をつかれてるかもしれない

外へ出かける度に、常にそんな警戒心あると考えただけで、ゾッとしました

どんな人間だろうと、恐怖でしかないんだなって

 

SPONSORED LINK

当人が知りたい情報を伝える

バス停に到着すると、ちょうどバスが停まってました

「バス来てますよ」と伝えると、おじさんは次のように、色々と尋ねてきました

『バスの中混んでる?座れそうかな?』

『どこ行きになってる?』

『人はどのぐらい並んでる?』

『あと何分で来る?』

 

ぼくらが日頃から無意識に目に入っている情報

その全てを聞いてきたのです

もちろん、おじさんの質問にちゃんと答えました

「〇〇行きですね。でも混んでて座れそうにもないです。バス停には5人並んでいます。あと8分程で次が到着するので椅子にかけて待ちましょう。ベンチは1本進んだ先にあります」

するとおじさんは、『オッケー。もう大丈夫、ありがとな』と言ったので、「お気をつけて」と、ぼくはその場を後にしました

 

こちらから伝える情報は親切かもしれない

でも本人が知りたいのって、そうとは限らない

振り返ると目の見えないおじさんは、椅子にかけてバスを待っていました

 

光を感じるのか、それとも真っ暗なのかは分からない

ただおじさんは、また不安の中を生きていくんだ

おじさん、色々教えてくれてありがとう

すごく勉強になりました

強さにシビれました

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です