2018/06/16

短期連載2「連休前の地獄。限界の先にある人の温もり」

 

〜 前回のあらすじ 〜

海外からの届くはずの荷物が、当日中に届かないことが判明した

直接取りに行くと決めたものの、受け取り時間は午後7時まで

夕方に入っていた打ち合わせも伸びてしまい、受け取りのタイムリミットまで残り1時間しかない

はっきり言ってかなりヤバい状況だ

果たして間に合うのだろうか・・

 

不透明な目的地

急いで会社に戻ると、経理の子が手続きに必要な書類を用意してくれていた

「受け取りにはこの書類と、免許証、名刺があれば大丈夫。念のためこれが向こうの連絡先。電話対応してくれたのはこの人だから」

書類を受け取り、彼女に礼を言った後、用意していた手荷物の中に書類を入れ、急いで車に乗り込んだ

目的地は江東区辰巳、海の方だ

Google Mapで場所を検索してみたら、会社から目的地までの所要時間は、ちょうど30分だった

だから多少遅れても、なんとかギリギリ間に合う、そう思っていた

カーナビに江東区辰巳と入力したあと、事件が起きた

 

「番地が出てこない・・」

ナビには予測変換のような機能が付いている

辰巳の後に「丁」のリスト(3丁目、11丁目など)が表示されたのに対し、「番地」には該当する番号がない

なぜだ?

理由はすぐに分かった

単純に、そのナビに入っている情報が古すぎて、番号がヒットしないのだ

候補が無いと手入力ができないほどのボロナビ

仕方なくマップをタッチパネルで動かし、Google Mapが指すところを目的地に設定した

「ちゃんと着くのだろうか・・・」

不安な気持ちでいっぱいの中、急いで現場へと向かった

SPONSORED LINK

事故渋滞の首都高速

しばらく車を走らせ、首都高に入った

よく走る道

その途中で降りれば、5分とかからない場所にあった

日頃走る時間帯とは異なり、反対車線を走る車のライトが、ガードレールの隙間から差し込んできて、時折眩しくて目を細めた

しかし、ものの1分走らせたところで、またまた事件が起きた

 

渋滞だ

蛇行して前の車両に近づくと、そこから全く動かなくなった

2〜3m走っては止まりを繰り返す

ナビを見ると、赤い線がびっしり、大渋滞

到着予定時刻がどんどんズレていく

18時半を予定していたのが、あっという間に45分になっていた

マズい

焦る気持ちが溢れ、ハンドルを握る手が汗でにじんできた

 

どれぐらい渋滞にハマっていただろうか

しばらくして、目的地への分岐点が近づくと、徐々に車が流れだした

前を走る車がスピードを上げたので、離れないようにくっついて行った

そのまま止まることなく、気づけば降り口の所まで来ていた

 

高速を出てすぐ、ウィンカーを出し、車を脇に寄せた

彼女からもらった連絡先へ電話する

なかなか出ない

ナビに表示されている時間は、間も無く7時になろうとしている

早く繫れと、これまでで1番焦った

 

6時58分、その時だった

「大変お待たせしました、〇〇がお受け致します」

電話が繋がった時、あまりにも嬉しくて、思わずハンドルをたたいてしまった

事情を説明すると、すでに話が通っていたおかげで、多少時間を過ぎても大丈夫ですからと、優しく答えてくれた

ナビに目をやると7時3分

間一髪だった

 

ウィンカーを右に出し、ゆっくりと走り出す

目的地はもう目の前

到着まであと5分かかるけど、何も怖くない

周りを見渡すと車はそれほど走っておらず、たまにすれ違うのはトラックだけ

見知らぬ地で、少し寂しさを感じた

 

差し迫る時間の中、無事目的地に着くことができた

あとは荷物を受け取り、車に詰め込んで届けるだけ

しかし最後の最後に、思いもよらぬ事態が待ち受けていた

一体荷物に何が起きていたのか?何時に届けられるのか?

次回最終回へと続く!

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です