早起きして勉強するメリット。朝活って夜活よりマジで何倍も効果がある

 

こんにちは。TSUBASA(eigoenglish11)です

 

朝活、夜活、豚カツ

みなさんはどれが1番好きですか?

ぼくはぶっちぎりで豚カツ、2番目が朝活です

夜活は度がすぎると翌日に響きますから、3番目でしょうね

串カツも捨てがたい・・・

TSUBASA

うるせー

OLの鈴木さん

 

はい、冗談はさておき、ここでお話するテーマは「朝活」です

「朝活って何がいいの?」

「かっこつけてるだけでしょ?」

いえいえ、勉強するなら夜より朝、これ、間違いありません

その理由について、これから解説していきます

 

外が静か、そして誘惑が少ない

家の前が競りの市場でもない限り、早朝は静かなもの

田舎なら夜だって静かかもしれません

でも誰かから連絡が来てしまったり、気付けばスマホいじったりと、何かと誘惑はつきものです

早朝であれば誰からも連絡は来ないし、テレビも大した番組をやってる訳じゃないので、比較的自分の時間が確保できる時間帯です

この貴重な時間帯に、黙々と自主学習してもいいですし、24時間対応しているオンライン英会話なんかとてもオススメ

ぼくは7時から1時間ジム行って、そのあと25分の英会話、という生活をしていた時期があったんですけど、その時の吸収力といったら、それはもう、半端じゃなかったですね

体動かした後って脳はフル回転になりますから、ググッと集中力も高まるんです

 

SPONSORED LINK

お腹が空いているので眠くならない

夜になり、「よし、夕飯食べたら勉強するぞ!」と、食べる前は意気込むものの、食べ終えると必ず眠気に襲われます

「もう少ししたらやろう・・」

「ちょっとだけ横になってから・・」

こんな風に、結局自分に甘くなってしまい、結局その後やらず仕舞いになってしまいます

ま、よくある話です

でもこれが朝だったらどうでしょうか?

起きてすぐにお腹は空かないし、多少食べたところで夜ほど眠くなることはありません

もちろん慣れるまでは、早起きが辛いなーと感じることはあると思います

ただ何日か続けていれば、眠気と戦うことに慣れてきて、早起きが辛いと感じることが少なくなっていきます

ぼくは低血圧なので寝起きが悪く、朝ごはんをすぐに食べれないんですけど、何も口にしなくても全然平気

流石に朝からお酒とか飲まないし、勉強するための環境は整っていると思います

 

SPONSORED LINK

制限時間があると集中力が高まる

1日の中で朝は特に、時間がありません

歯を磨いたり、髪の毛をセットしたり、洗濯機を回したりと、気付けば1時間なんてあっという間に過ぎてしまいます

ただ、それぞれの時間配分はいつでも頭の中にあるはず

洗濯機をセットし、歯磨き5分、髪のセット20分、終わる頃に洗濯物を干したら、計40分で済む

こんな感じで頭の中で時間割がセットされていて、考えなくとも自然と行動に移しています

そしてそれぞれに作業に対し、集中しているのです

ではここで、勉強する時間を15分と決めて、朝のタイトな時間に組み込んでみてください

何も難しくはありません、15分早く起きればいいだけです

例え15分でも、毎日かかさず行っていけば、チリツモとなって最終的には必ず成果が出ます

だから朝の僅かな時間もバカにできません

たった15分だけ早起きすれば、びっくりするほど大きく変わるのです

 

家で出来ないなら移動時間を活用する

家にいるとどうしても勉強が手につかない、という場合は、通勤・通学時間をうまく利用すること

移動手段が電車やバスなら、その時間をフルに勉強に当ててみてください

いつも車内は混雑してて、教科書を広げるスペースが無いというなら、スマホのアプリを使って勉強すればいい

iKnow!スタディサプリMemriseDuolingo、などなど、隙間時間に最適なアプリはたくさんありますから、ゲームや居眠りをやめて勉強するのです

ぼくは英語、ブログ、そしてそれぞれの情報集めに没頭している時もあります

通勤時間は30分なんですけど、その30分があっという間すぎて、たまに乗り過ごしたりするし、いやほんと、マジで早すぎてビックリします

集中していると、時間の感覚って無くなりますから、集中力をつけるためにも、移動時間の有効活用をする

これ、朝活の中でもめちゃめちゃオススメですね

via RareJob English Lab

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です